不快な臭いが籠っている靴を修理する際のポイント

靴21

靴は長く履き続けていると湿気が籠り、不快な臭いが発生することがあります。靴は構造上、通気性が乏しいので少しの汚れでも強烈な悪臭に見舞われることも珍しくありません。状態が酷いと中敷きや靴の外皮にまで臭いがうつってしまい、大掛かりな修理を要することもあります。

靴に臭いが籠ってしまう原因を学び、良好な状態を維持することを心がけましょう。

「こんなにたくさん!靴修理でできること」

愛用の靴ほど悪臭が籠りやすい理由と衛生管理の問題点

靴は自分の足にフィットしていると疲労をほとんど感じないため、長い時間履き続けてしまうのが普通です。特にカジュアルな靴は様々な場所に対応出来るオールマイティなデザインの物が多いことから、何日も続けて履くことも珍しくありません。

また、散歩や近所への買い物などに出向く際、靴下を履かない素足の状態で靴を履くこともあるため、愛用している靴ほど不快な臭気が籠りやすい傾向があります。履き心地が良い靴は通気性が良いイメージがありますが、実際は保温効果を高める目的で気密性に富んだ作りになっていることから、汗や垢などの汚れから発生した臭いが拡散されず、靴の中に籠ってしまいます。

そのため、一度悪臭が発生した靴は簡単には消臭が出来ないのが普通です。靴の中に籠った悪臭を消す目的で専用の消臭剤を使うことがありますが、悪臭の発生源である汚れを取り除かないと根本的な解決にはなりません。除菌を謳う消臭剤も汚れの成分を分解することは出来ないので、悪臭が無くなったように感じられても一時的なものに留まります。

靴の臭いを取り除くには汚れを洗い流すのが最良の方法ですが、靴の構造上、内部の汚れを洗浄するのは困難です。靴は水に濡れると乾燥させるのに長い時間がかかります。また、湿気が靴の中に籠ってカビが繁殖してしまい、却って不潔な状態になるリスクもあります。

中敷きが水濡れによって縮み、履き心地が悪くなるのも洗浄がもたらすデメリットの一つです。

臭いを取り除く目的で行う靴の修理の詳細

靴の修理は靴底の割れや外皮の破れといった、物理的な損傷に対して行うのが一般的です。しかし、酷い悪臭がこびり付いた靴の場合、臭いの発生源を取り除く目的で修理を行うケースがあります。靴に籠る悪臭は多くの場合、中敷きをはじめとする内側の生地にこびりついた汗や垢が発生源です。

汗や垢などの汚れが細菌に分解される際に生じる老廃物が悪臭の元になるため、汚れが付着してからの時間が経過するほど臭気が強くなるのが特徴です。靴の生地に汚れが沁み込むと普通の洗浄では完全に取り除くのが困難です。

また、水濡れは靴の生地を縮めてしまい、履き心地が悪くなる原因になります。そのため、愛用の靴を良好な状態に保ちながら悪臭を取り除くためには汚れた生地を交換する修理を行うのが効果的です。靴の修理は傷んだ部分を新品に交換するのが一般的な方法です。

悪臭の除去を目的とした修理も基本的な作業の流れは同じですが、内側の生地を交換する作業は非常に手間がかかることから、熟練の職人が常駐している専門業者に依頼する必要があります。靴の構造によってはすべての生地を分解してから改めて新品に交換する必要があるため、更に手間がかかります。

靴の履き心地を保つためには高度な技術力が求められるため、修理費用が高額でも評判が良く実績も豊富な専門業者を選ぶことを心がけます。

靴の臭いを予防するための工夫

靴修理26

靴は気密性が高く、汚れが付着しても除去が困難なので臭いが発生しやすいのが欠点です。特に愛用の靴になると毎日長時間履くことも珍しくないため、悪臭の発生は避けられません。そのため、毎日の暮らしの中で出来るだけ悪臭が生じないように工夫することが重要になります。

靴の悪臭の発生源である汚れを付着させないためには靴を履く頻度を下げるのが最良ですが、履き心地が良いお気に入りの一足は足への負担が少ないことから、つい履いてしまいがちです。靴を履かずに外出することはあり得ないので、靴の中敷きを交換したり、複数の靴をローテーションを組んで履くなどの工夫で悪臭を防ぐことを心がけます。

中敷きの交換は靴の悪臭を防ぐ方法の中で最も手軽です。抗菌作用がある市販の中敷きを靴の中に入れることで汚れを分解させる細菌の繁殖を抑えることが出来ます。また、中敷きは弾力性に富んでいるので足への負担を減らし、疲労による発汗を防ぐ効果もあります。

中敷きの抗菌効果は次第に低下するので、定期的に入れ替えることが大切です。特に革靴など気密性が乏しい靴は予め複数の中敷きをこまめに入れ替えるのが抗菌効果を損なわないための条件です。靴を複数用意して入れ替える方法もありますが、履き心地が良い高級な靴は高額なので支出が嵩む欠点がある点を注意します。

また、中敷きなどを使って細菌の繁殖予防に努めても靴を素足で履いてしまうと台無しです。足の裏には常に無数の細菌が付着していることから、靴を履く際には必ず靴下で足を覆い、細菌が靴に残留するリスクを軽減させることを心がけます。

靴の修理業者の良し悪しを見分ける方法

靴22

靴の製造技術が向上し、安価な量産品が市場に出回るようになったことで靴は履き潰して捨てるのが当たり前になっています。しかし、足にぴったりなお気に入りの一足はなかなか見つからないことから、多少の傷みであれば修理業者に直してもらうことになります。

しかし、靴の修理は高度な技術力が必要なことから、愛用の一足を直す際には腕の良い職人に任せることが大切です。修理業者の良し悪しを見分けるためには過去の実績を調べるのが最も効果的ですが、靴の修理を行う業者の数が少ないので単に修理の回数が多いだけでは判断は出来ません。

複数の業者の評判を比較し、費用と評価の内容が釣り合っている所が優良な業者の見分け方になります。また、修理の実績についても画像を公開している所であれば信頼出来ると言えます。近年では全国を対象にした宅配修理を受け付けている業者もあるので、地域に関係無く修理を依頼することが可能です。

「靴やパンプスの修理をしてくれるサービスを紹介します」

靴を臭くしない保管方法について

愛用している靴から不快な臭いを出さないためには保管方法にも気を配ることが大切です。一度履いた靴には微量でも汗や垢が付着しているので、条件がそろえば簡単に悪臭が発生してしまいます。お気に入りの一足を臭くしないためには保管している時に効果的な予防策を講じることが重要です。

気密性が乏しい靴箱に置くのは避け、通気性が良い暗所を選ぶことを心がけます。また、靴の中に乾燥材を入れることで細菌が好む湿気を取り除くことが可能です。